• 合格実績・合格体験記
  • バナー
  • --- 合格実績・合格体験記 ---
  • 合格実績
  • HASHIKENオリジナルシステムの実績例です。

    トップ私立高・公立トップ高への高い合格率
    難関大・メディカル系への高い合格実績

  • 主要大学合格実績
  • 東大(文Ⅰ・文Ⅱ・文Ⅲ・理Ⅰ)・東工大(2類・5類)・筑波大・新潟大(医)・山梨大(医)・北里大(医)・日本歯科大・明海大(歯)・東京薬科大・首都大・防衛大・お茶の水女大・横国大・電通大・早大(1文・政経・法・商・理工・文化構想・基幹理工・教育学)・慶大(理工・法・環境情報・総合政策・文)・上智大(文)・ICU・中大・明大・法大・立大・学習院大・東京理大・東海大・日本獣医畜産大ほか看護大学合格者多数 etc
  • 主要高校合格実績
  • 県立湘南・希望ヶ丘・県立相模原・麻溝台・上鶴間・相模大野・上溝・上溝南・橋本・都立八王子東・日野・松ケ谷・町田・冨士森・桐蔭・法政二・桐光・東海大相模・法政一・中大付属・明大中野八王子・日大三 etc
  • 合格体験記
  • HASHIKENの合格システムで、見事に合格をGETした卒業生のコメントをあつめました。

【本当に役立った勉強法と小論文講座】
県立橋本高校 澤地 生紗さん 早稲田大学 教育学部 合格

HASHIKENの特徴あるシステムの中で、自分を合格に導いてくれたものが大きく二つあります。
一つは勉強法の指導で、このうちカラーマーキングを教わったことにより勉強の効率が大きく変わりました。これは勉強に限らず、推薦対策の情報収集にも役立ちました。
また、今まで勉強が長続きしなかった私は塾で作ってもらった合格プロジェクト表にとても救われました。プロジェクト表を基に、具体的な計画を立て勉強を習慣づけました。
これらを徹底したことにより、学校の内申も大きくアップし、偏差値もとても上がりました。
二つ目は、オリジナルな小論文対策です。他とは全く異なると感じたのが先生と生徒とのディスカッション制で、現代の社会情勢を学べたことです。
本番でも既習の「異文化理解」が出され、自信を持って答案を書けました。思わず〝勝った″と思いました。このディスカッションでコミュニケーション能力も鍛えられたので、面接試験にも活かすことができました。
この塾で学んだことは、大学はもちろんこの先間違いなく活かせると確信しています。

【自分で考える力をHASHIKENで培う】
桜美林高校 和久田 大翔君 北里大医学部 杏林大医学部 合格

入試では大変緊張するものです。受験のとき、緊張が見た目で伝わってくる人もいました。しかし、私は確固たる自信を持って全ての試験に臨むことができました。
これはハシケンでの日々の勉強で身に付けることできた、自分で考える力のおかげです。
私が入塾したのは、まだ部活が続いていた三年の夏でした。部活の関係上、周りの受験生とは違ったペースで勉強を進める必要がありました。それを解決してくれたのがハシケンのプロジェクト表です。これが非常に役立ちました。勉強の見通しがつくため、モチベーションの向上に繋がり、効率的に勉強をすることができました。 各教科の先生が教えてくれるテクニックや考え方は、どれもシンプルかつ強力でした。「何故」をつきつめる授業のおかげで、自分で考える力がぐんぐん付きました。気さくな先生が多く、質問しやすい環境はその力を育てる上でとても役に立ちました。
現在、大手の塾の主流は映像授業ですが、どうしても一方的になってしまうという難点があります。入試で問われるのは、自立して考える力です。その力を養うために、普段から自分で考える習慣を身に付ける必要があり、その場を提供してくれるのがハシケンです。

【真剣に向き合ってくれた先生方と効果的な勉強法のおかげ】
ラギントトカレッジ 山田 早恵さん 杏林大看護学科 東京医科大看護学科 合格

私がハシケンに入ったのは、受験のわずか三ヶ月前でした。
高校を海外で卒業して帰国したばかりの私は、日本の高校の学習内容を全く理解しておらず、学力は中学卒業程度でした。
周りの受験生はすでに一年も二年も前から大学入試の受験勉強を始めています。そのような受験生と同じ土俵に立って試験を受けようとした私を鼻で笑う人もいましたが、ハシケンだけは違いました。
カウンセリングで真剣に話しを聞いてもらい、わずかな残された時間で何をしなければならないのかを一から教えてくれました。それを分かっているハシケンにしかできないことだと思います。
中でも私を一番合格に近づけてくれたのが、ハシケン独自の勉強法です。この勉強方法を行っているうちに、今までにない勉強の定着を感じるようになりました。今までは分からない所や間違った問題があっても、そうゆうことかと納得するだけで復習のためにノートを作ろうという発想がありませんでした。
私はハシケンで自分の弱点と向き合うことの必要性や勉強に近道がないことを悟りました。それからは懸命にノートを作りまくり、直前まで何度も繰り返し復習をしました。
これによりほとんどの問題に苦手意識はなくなり、合格することができました。中学卒業レベルの学力から目標達成できたのは、自分と真剣に向き合ってくれ、この勉強法を生み出した先生方のおかげです。ハシケンで学べて本当に良かったです。

【僕が東大に合格できた理由】
県立湘南高校 佐久間康典君

僕が受験勉強らしい勉強を始めたのは高三の10月頃からでした。
学校が遠く部活もやり、行事にも積極的に参加していたからです。
それでも東大を受験しようと思ったのは、高一の時の塾長先生とのカウンセリングで東大を目指すと決めてから、そのために必要な勉強をハシケンが僕にあった形で提供し続けてくれていたからでした。先生方とコミュニケーションをとって的確なアドバイスを頂いたため不安もあまりありませんでした。
対策に本格的に取り組み始めてからも、先生と話し合って随時針路調整をし、わからないことがあればすぐに質問しました。そのため、試験前にはすべきことを一通り完了し、自信もついていました。 ハシケン卒業生の先生からの新鮮な受験体験話も本番の役に立ちました。
受験を通して痛感したのは、自分で考えた自分なりの勉強を確立することの重要性でした。 しかし、自分ひとりでは方向を誤ることが当然あります。そこで相談に乗ってヒントをくれたのがハシケンの先生でした。
こうして学校で活動しながら東大に現役合格できたのは、ハシケンのおかげです 。
本当に感謝しています。

【無理と判定された防衛大学に現役合格】
県立弥栄東高校 福島輝幸君

私が橋本進学研究会に来たのは、高校に入学した頃でした。
その時、志望校はすでにきまっていましたが、どうすれば行けるのかが分かっていませんでした。
最初の塾長先生のカウンセリングで方向は決まり、そこから私の受験勉強が始まりました。
しかし、部活との両立は、簡単ではなく、遅刻も多かったです。また、学校で防大は無理と言われ、模試の成績が伸びないなど、諦めそうになることもありました。ですが、そのたびに、塾長先生や担任の先生に励まされ、三年間志望校を変えることはありませんでした。 そして、三年の夏から結果が出るようになり、それに伴って自信もつきました。試験当日は、とても落ち着いて臨む事ができ、合格する事が出来ました。
確かに、私の受験は結果が出せ良かったのですが、私にとって、それまでの三年間は、もっとも貴重なものに感じる事が出来ました。

【部活と両立して東大(文Ⅰ)・早大(法)合格!】
筑波大付属駒場高校 K.O君

私が、大学受験に成功した理由を挙げるとすれば、苦手科目を抱えていなかったことです。
しかし、苦手科目は勉強したくないというのが人の常です。私もかつて英語が良くわからずに焦っていました。そこで私は、HASHIKENで勉強し、文法を一から学び直しました。その過程で 疑問に思ったことは、なんでもすぐに質問し、不明な点を残さないように努めていました。こうして基礎が固まると、新しい教材にもすんなり対応できるようになり、気が付くと英語が点取り科目になっていました。基本がどれだけ大事かが良くわかったというものです。受験大学の出題傾向に合わせた学習も必要です。自分で参考書を選ぶのは危険と判断した私は、HASHIKENの豊富なノウハウに基づいて厳選された本を紹介してもらいました。他にも勉強法や時間配分なども細かく指導していただき、安心して学習を進めることが出来ました。本番では、大幅な傾向変化があったものの、結果的に基礎をおさえておけば、取れる問題が増えたことで、過去問や模試以上の高得点が取れたと思います。 しかしどれだけ運があっても、 基礎と傾向に対する準備なくして、合格は望めません。HASHIKENは、その両方を私に教えてくれました。とても感謝しています。
受験を通して痛感したのは、自分で考えた自分なりの勉強を確立することの重要性でした。
しかし、自分ひとりでは方向を誤ることが当然あります。
そこで相談に乗ってヒントをくれたのがハシケンの先生でした。
こうして学校で活動しながら東大に現役合格できたのは、ハシケンのおかげです。 本当に感謝しています。

【県立中堅高から東工大・慶大に合格!】
県立上溝南高校 高森秀樹君

僕は、高2年の春にHASHIKENに入塾しました。いよいよ大学受験を実感として感じ始め、高3の初めに自分の学力・志望校に合わせたカリキュラム を塾長が作ってくれました。
どの教科のどの分野をいつまでに終わらせるか、ということがわかりやすく書かれているので、 自分はそのカリキュラムをこなせるように、とにかく勉強するだけ でした。勉強の予定がしっかり組まれているので、「試験までに間に合うのか?」といった不安をもつことなく、また一日あたりの目標も立てやすかったので、 毎日達成感を感じながら 過ごせました。
HASHIKENは応個指導なので、 テキストの進度を先生が把握してくれているため、先生から細かいアドバイスをしてもらえます。厳しいことも言われますが、合格した後、振り返ってみると言われたことの意味がわかると思います。この 厳しさと細やかな指導こそ他の塾にはないHASHIKENならではのものだと思います。

【都立大(現首都大)(法)・早大(政経)・明治(政経)にパーフェクト合格!】
県立相模原高校 島崎順崇君

僕は、HASHIKENで勉強していて、早稲田大学や都立大学など受験した大学すべてに合格することができました。
HASHIKENの良かったところを幾つかあげると、まず一つ目は、 SS(Self-Study) システムという、独自の授業システムの存在 です。SSシステムでは、自分でテキストを進め、わからない部分だけを先生に質問すればよかったので、 ムダな時間を過ごすことなく、限られた時間の中で有効な勉強ができた と思います。もちろんわからない部分は、先生方が丁寧に、わかりやすく私がきちんと理解するまで教えてくださいました。また 学習カリキュラムは、自分 の学力と目標に合わせた、自分 だけのものだった ので、着実に合格に近づけたと思います。次に、先生方も含めHASHIKENスタッフの全員が親身になってサポートしてくださったことも、とても助かりました。 先生方は、 SSの授業中に質問に答えて下さっただけではなく、授業外でも質問に答え てくださいました。勉強法などもアドバイスしてくださいました。
塾長先生には、 適宜カウンセリング を行ってもらい、受験についてだけではなく、 大学入 学後の学習について、 とても参考になるアドバイス をしていただきました。このようにHASHIKENならではのサービスのおかげで、無事志望校に合格することが出来ました。
  • 受講者の声アンケート
  • 合格実績・合格体験記
  • ちょっぴり役立つ教育情報をお知らせいたします。 塾長のブログ
  • 授業の様子や先生たちが感じた『今日の子供たち』をレポートします! 先生のブログ

お問い合わせ・ご相談は
0120-850-255

橋本進学研究会・橋本高等予備校

神奈川県相模原市緑区橋本6-4-12
吉川ビル4・5F
受付時間:PM2:00~PM9:30
JR横浜線・京王相模原線
「橋本駅」北口徒歩2分

ページトップへ